WordPress

【2019年版】Googleアナリティクスの登録手順を丁寧に解説

投稿日:

Googleアナリティクス登録手順

Googleアナリティクスの登録方法について解説していきます。

 

Googleアナリティクスを登録すると、

  • WEBサイト内のユーザー数やページビュー数がわかる
  • WEBサイト内の滞在時間や直帰率がわかる
  • WEBサイト内のページでクリックされたリンク数がわかる
  • 年齢層、性別、アクセスしている地域がわかる
  • 目標達成した確率(コンバージョン数)がわかる

などなど、ユーザーのWEBサイト内での動きが丸わかりです。

 

Googleから無料で提供されている最高に便利なツールですので、WEBサイトの準備が出来たらすぐに登録するようにしましょう。

 

Googleアナリティクス登録

 

今回この記事では、

  • Googleアナリティクスの登録方法
  • Googleアナリティクス登録後の推奨設定

画像などで直感的に理解できるよう、懇切丁寧にお伝えしていきます。

 

この手順通りに登録してもらえれば、正常にGoogleアナリティクスを動作させることができますので、さっそくやっていきましょう!

 

Googleアナリティクスの登録方法

Googleアナリティクスの登録方法は大きく分けて3つです。

  1. Googleアカウント作成
  2. Googleアナリティクス登録申請
  3. トラッキングIDとトラッキングコード取得

 

3番目のトラッキングコードが聞きなれないかと思いますが、このようなIDやソースコードで書かれたものです。

トラッキングID

UA-********-*(UAから始まる数字の羅列)

 

トラッキングコード

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-79937360-4"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'UA-********-*');
</script>

 

このトラッキングIDとトラッキングコードは、あなたのWEBサイトに設定することで、いろいろな情報を集めることができます。

 

「なんだこの意味不明な暗号は…」と思うかもしれませんが、全く中身を読解する必要はなくて、実際にトラッキングコードを設定するときはそのままコピー&ペースト(コピペ)するだけなので大丈夫です。

 

Googleアカウント作成

Googleアナリティクスを使うためには、Googleアカウントを作る必要があります。

 

まずはGoogleアナリティクス登録ページへアクセスします。

 

Googleアナリティクス登録ページはこちら

 

画面右上の「無料で利用する」をクリックしてください。

 

Googleアナリティクス登録2

 

すでにGoogleアカウントを持っていると次の画面が表示されます。Googleアナリティクスの管理用で使うなら、画面に表示されているGoogleアカウントを選択してもOKです。

あるいは、

  • 画面に表示されていないGoogleアカウントを使う
  • 新しくGoogleアナリティクス専用にアカウントを作成する

このどちらかに当てはまる場合は「別のアカウントを使用」を選択します。

 

Googleアナリティクス登録3

 

なお、すでにあるアカウントでGoogleアナリティクスを使う場合は、「Googleアカウント作成」の登録手順を飛ばしてください

ここからは、新しくGoogleアカウントを作成する手順で進めてきます。

 

「アカウント作成」を選択します。

 

Googleアナリティクス登録4

 

「ビジネスの管理用」を選択します。

 

Googleアナリティクス登録5

 

Googleのアカウント情報を入力します。

  • メールアドレス
  • パスワード

 

メールアドレスはGmailアカウントでもそれ以外でも設定可能です。

入力が完了したら「次へ」をクリックします。

 

Googleアナリティクス登録6

 

入力したメールアドレスに本人確認の通知がすぐにきます。6桁の数字です。

もしも届かない場合は、メールアドレスが間違っている可能性があるので、情報入力から再設定するようにしてください。

 

Googleアナリティクス登録7

 

通知された6桁の数字を入力します。

 

Googleアナリティクス登録8

 

追加の情報入力をしていきます。入力が完了したら「次へ」を押してください。

  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別

 

Googleアナリティクス登録9

 

次に「配信」を押してください。

「配信」を押した直後にショートメッセージで携帯番号に「G-******」というGから始まる6桁の数字が送られてきます。

 

Googleアナリティクス登録10

 

こちらもメールアドレスの設定と同じく、すぐに通知されない場合は携帯番号が間違っている可能性があるので、「戻る」で前の画面に戻って再設定するようにしてください。

 

携帯電話に通知された「G-******」の確認コードを入力して「確認」を選択します。

 

Googleアナリティクス登録11

 

電話番号の活用は「スキップ」を選択します。

 

Googleアナリティクス登録12

 

プライバシーポリシーと利用規約は「同意する」を選択します。(画面をスライドさせて全文流さないと同意することができません)

 

Googleアナリティクス登録13

 

これでGoogleアカウント作成は完了です。

 

Googleアナリティクス登録申請

Googleアナリティクスの登録申請をします。

 

Googleアナリティクスの使用を開始の「登録」を選択してください。

 

Googleアナリティクス登録14

 

Googleアナリティクスの設定で「ウェブ」を選択します。

 

Googleアナリティクス登録15

 

Googleアナリティクスの測定対象を設定します。それぞれ情報を入力して「作成」を選択してください。

ウェブサイトの名前 WEBサイト名を入力(あとから変更可能)
ウェブサイトのURL WEBサイトのURLを入力(URLはhttpsに設定
業種 関連する業種を選択
レポートのタイムゾーン 「日本」を選択

 

Googleアナリティクス登録16

 

Googoleアナリティクスの利用規約で以下の2点を「同意する」にチェックします。

  • GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します。
  • 私はGoogleと共有するデータについて、「測定管理者間のデータ保護条項」に同意します。

 

Googleアナリティクス登録17

 

ポップアップでスマートフォン向けのGoogleアナリティクスのアプリ案内が通知されます。移動中なども確認できて便利ですので、ダウンロードしておくことをお勧めします。(あとでストアからダウンロードできるので本手順では飛ばしてもOKです

 

Googleアナリティクス登録19

 

これでGoogleアナリティクスの登録は完了です。

 

トラッキングコード取得

GoogleアナリティクスのトラッキングIDとトラッキングコードの取得方法を解説していきます。

アナリティクスの登録が完了すると、そのままトラッキングIDとトラッキングコードが表示されている画面が表示されます。

 

Googleアナリティクス登録20

 

WEBサイトの環境によって、トラッキングID(UA-********-*)だけを簡単に設置できる場合があるので確認してください。

  1. トラッキングIDを設置できるWEBサイト
  2. トラッキングIDを設置できないWEBサイト

 

(1)はUAから始まるトラッキングIDを決まった場所に設置するだけで、(2)は<head></head>で囲まれたファイルにトラッキングコードを設置する必要があります。

 

(1)トラッキングIDを設置できるWEBサイト

トラッキングIDを設置できるWEBサイトは次の3つです。

  • ワードプレスに「All in One SEO Pack」のプラグインが導入されている
  • ワードプレスに使っているテーマ側で、Googleアナリティクスの設定を簡略化できるようになっている
  • ワードプレスではないけれどGoogleアナリティクスの設定を簡略化できるようになっている(例:アメブロ)

 

例えば、アメブロであればGoogleアナリティクスと連動できるため、公式サイトにトラッキングIDの設置手順が公開されています。
参考:>アメブロのGoogleアナリティクス設置方法

 

ワードプレスの場合は、通常「All in One SEO Pack」を導入することが多いため、そちらの手順で解説していきます。

メモ

「All in One SEO Pack」を導入していない場合は、ワードプレスのダッシュボードから [プラグイン]-[新規追加] を選択して、プラグインの検索窓から「All in One SEO Pack」と入力して[インストール]-[有効化] してください。

all in one seo

 

GoogleアナリティクスのトラッキングIDをコピーします。

 

Googleアナリティクス登録21

 

ワードプレスにログインして、ダッシュボードの「All in One SEO Pack」を選択します。

 

analytics設定1

 

 

「GoogleアナリティクスID」にコピーしたトラッキングID(UA-********-*)を貼り付けして、画面末尾にある「設定を更新」を選択します。

 

analytics設定2

 

トラッキングIDを設置する手順は以上で完了です。

Googleアナリティクスの動作確認をする手順に進んでください。

 

(2)トラッキングIDを設置できないWEBサイト

トラッキングIDを設置できない場合は、トラッキングコードを設置することになります。

トラッキングIDの設置と比べて

  • 設置する場所が違う
  • 文字量が多い

ぐらいの違いですので、コピー&ペーストするという要領はトラッキングIDと同じです。

 

  • ワードプレスの場合は、[外観]-[テーマ編集]-[header.php]のファイル内の<head></head>に囲まれた中に貼り付けする
  • ワードプレス以外の場合は、全てのHTMLファイル内の<head></head>に囲まれた中に貼り付けする

 

こちらではGoogleアナリティクスの導入で最も多いワードプレスの場合の手順をお伝えしていきます。

 

まずは、先ほどのGoogleアナリティクスの管理画面からトラッキングコードをコピーします。

 

Analytics設定手順

 

ワードプレスにログインして、ダッシュボードの[外観]-[テーマエディタ]を選択します。

 

Analytics設定手順2

 

複数ファイルがありますので、その中から[header.php]を探して、ファイルをクリックしてください。

 

ヘッダー

 

<head>を探します。

Windowsなら[Ctrl+F]で、Macなら[command+F]で検索機能を使えますので、<head>と入力して検索してください。

コピーしたトラッキングコードを貼り付けして「ファイルを更新」を選択します。

 

ヘッダー中身

 

参考

ワードプレスの場合ですが、最近の有料テーマでは簡単にトラッキングコードを設置できるようにしてある場合が多いです。

テーマ編集で直接ファイルを編集しなくても、<head></head>内に出力するコードなどと表記されているテキストがあれば、そのテキスト内にトラッキングコードをペーストするだけでOKです。

 

トラッキングコードを設置する手順は以上で完了です。

 

Googleアナリティクスの動作確認

すべての設定が完了したら、次にGoogleアナリティクスの動作確認をしていきます。

すでにWEBサイトへのアクセスがある場合は、Googleアナリティクスの「リアルタイム」→「概要」ですぐに確認できます。

 

まだWEBサイトを立ち上げたばかりだとアクセスが無いため、ご自身の端末(パソコン、スマートフォン)からGoogleアナリティクスを導入したWEBサイトへアクセスしてください。

 

Googleアナリティクスが正常に動作していると、管理画面(「リアルタイム」→「概要」)では、次のような画面が表示されます。

 

Analytics動作確認手順

 

Googleアナリティクスの設定はこれが完了です。

 

正常に動作しない場合

次の2つの理由が考えられます。

  • トラッキングコードの設定する場所が間違っている(WEBサイトやタグの配置)
  • トラッキングID「UA-********_*」のIDが間違っている

 

このどちらかの可能性が高いのでご確認ください。

 

Googleアナリティクスでの推奨設定

Googleアナリティクスを使うために必須ではないですが、変更しておくと便利な設定もお伝えします。

 

GoogleアナリティクスでIP除外設定

あなた自身がWEBサイトにアクセスすると、初期設定ではアクセス数にカウントされるようになっています。

ブログ記事の作成やWEBサイトのカスタマイズなどの設定をするときに、本来の目的ではないアクセス数をカウントしてしまうという誤差が生じるようになります。

 

そうなると、

  • 閲覧されたページ数や滞在時間に誤差が生じてしまう
  • コンバージョン率の計測結果が違うデータになってしまう

このような問題が起こってしまうのです。

 

そのため正確なデータを取得できるように、Googleアナリティクスで次の設定をしておきましょう。

 

Googleアナリティクスにログインして、Googleアナリティクスの画面左下にある管理(歯車のアイコン)をクリックします。

 

Googleアナリティクス管理画面

 

「フィルタ」を選択します。

 

フィルタ設定

 

「フィルタを追加」を選択します。

 

フィルタ設定

 

次のようにフィルタ項目を追加してください。

ビューにフィルタを適用する方法を選択 「新しいフィルタ」を作成
フィルタ名 管理者が理解できればフィルタ名は何でもOK
フィルタの種類 「カスタム」を選択
一致条件 「除外」を選択
フィルタフィールド 「IPアドレス」を選択
フィルタパターン 端末のIPアドレス(***.***.***.***)を入力

 

すべて入力したら「保存」を選択します。

 

フィルタ内容

 

ちょっと手間ですが、WEBサイトにアクセスするIPアドレスの数だけ設定するようにしてください。

 

また、パソコンの使用環境によってIPアドレスが変更される可能性もあり、その場合はGoogleアナリティクスにアクセス数をカウントされてしまうので注意が必要です。

 

次のようなケースはIPアドレスが違います。

  • 自宅のパソコンからアクセスする場合
  • 会社のパソコンからアクセスする場合
  • スマートフォンからアクセスする場合(WiFiではなく公共電波を使う場合)

 

Googleアナリティクスの画面を開きながら、除外したIPアドレスの端末(パソコン、スマートフォン)で、WEBサイトへ実際にアクセスしてみましょう。

Googleアナリティクスの「ホーム画面」でアクセスの反応が無ければ設定がうまく機能しています。

 

注意ポイント

Googleアナリティクスの動作確認をする前にIPアドレスを除外すると、除外したから動作していないのか?Googleアナリティクスの設定が間違っているから動作していないの切り掛けができなくなります。

必ずGoogleアナリティクスの動作確認を行った上でIPアドレスの除外をするようにしてください。

 

Googleアナリティクスの設定はこれで全て完了です。

ある程度のアクセスが集まってくると、Googleアナリティクスは改善に欠かせないツールとなりますので、今回の手順を実施して導入するようにしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ご意見・質問フォーム

  • この記事を書いた人
hiromasa_ando

hiromasa_ando

ソーシャルビジネス構築の専門家。中小零細企業へのWEBマーケティングコンサル業務と人財育成業務の2つの事業を展開。本業で売上(利益)を出しながら社会課題を解決していく企画から構築支援までを業務にしています。 これまで「不登校」「在宅ママ」などの事業を立ち上げ支援。 一時的な売上(利益)よりも長期的に顧客や社会から愛されるメディアを創る支援をさせていただきます。顧客を煽るようなマーケティングは嫌いです。 関わるすべての人に居場所があり、幸福で持続可能な社会を目指して支援させていただいております。

-WordPress
-

Copyright© BRIEND , 2019 All Rights Reserved.